行政書士事務所で働く補助者が教える行政書士試験合格法と行政書士業界

■丸補の合格体験記

独学はハイリスクだと知る

記述式がキーポイント

解答方法をマスターする

■試験対策

行政書士試験の全体像

ペースをつかむためにスクールに通う

模試はなるべく早く受ける

通勤時間を最大活用する

10ヶ月合格プラン

6ヶ月合格プラン

スクール合格体験記

■科目別対策

行政法は全体の40%を占める

苦手にするな民法

憲法は満点を目指す

基礎法学・商法・会社法をあなどるな

一般知識は最低足切りを避ける

■丸補オススメ教材

基本テキスト

単元別問題集

記述式

予想問題

■行政書士業界話

行政書士は食えない資格なのか

実務ではこんな仕事をしている

どんな人が向いているか

■行政書士試験は受験生の約7割の人がまともな対策ができていない

行政書士試験は受験生の約7割の人がろくに対策もせずに受験すると言われています。もちろん受験する人はそれなりに勉強はしているのだと思いますが、司法試験や司法書士等の法律家になる試験の中では、もっとも簡単に取得できる資格ということもあり、テキストを読み込むだけとか過去問を解いただけといったような、まともに試験対策もせずに受験する人がほとんどのようです。

行政書士試験の近年の合格率は5〜10%で推移しており、受験者の70%がそもそも土俵にのっていないと考えると、適切な試験対策ができれば、合格率は3〜6倍程度と言えるかもしれません。もちろん行政書士試験は他の法曹資格試験とは異なり絶対評価を採用していますので、単純にこのように計算できるものではありませんが、しっかりとした対策を立てて勉強さえすれば、それほど難しい試験ではないと思います。

■行政書士試験は社会人のほうが合格しやすい

毎年、行政書士試験の合格者数のうち30歳台と40歳台で半数以上を占めます。また問題の構成を見ても、裁判員制度等の時事問題や政治経済等の一般教養の問題があり、社会人向けの問題であることは間違いありません。

実際に行政書士の実務の世界でも、社会人での勤務経験を活かした専門分野で活躍している行政書士の方も多くおられます。

試験でも社会人経験が活かせ、合格後の実務でも社会人の経験が活かせる法曹資格は、行政書士だけかもしれません。

■行政書士試験・スクール 最新情報

TAC 14/1/29(水)渋谷校にて超スペシャル限定企画開催

伊藤塾  14/2/1(土)伊藤真塾長による特別講義「行政書士と憲法」

行政書士補助者の丸補です。働きながら2回目の試験で行政書士試験に合格。現在補助者として事務所勤務中。行政書士試験の勉強方法と行政書士業界を紹介しています。
プロフィール

■受験経験者向けオススメ講座

行政書士ペースメーカー答練 本科生

「真」のアウトプット&インプット!最強のテキストで学習に革命を起こし、ゆるぎない知識と実践的な解答力を身につけよう!

■行政書士試験スクール■ 東京リーガルマインド LEC 資格の学校TAC 伊藤塾 東京法経学院 資格の大原 ヒューマンアカデミー エル・エー 通信教育のフォーサイト クレアール ケイコとマナブ ゼミネット 生涯学習のユーキャン DAI-X 四谷学院 日本マンパワー ニュートンTLT

Copyright (C) 行政書士補助者・丸補が教える社会人のための行政書士試験対策 All Rights Reserved.